蘇我のインプラント そが駅前歯科医院 インプラントについて

千葉市中央区南町2-9-4 マルエイ第6ビル4F

年中無休 夜21:00まで診療(日祝も可)

TEL:043-308-8802

EPARK(歯科)予約はこちら

初診、急患対応しています

診療時間

09:00~13:00
15:00~21:00

訪問診療
09:00~21:00

インプラント

インプラントについて

イメージ

歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで人工歯の支えとするのがインプラント(人工歯根)治療です。

入れ歯のように取外したり、痛くて噛めないということはございません。

また、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もございません。
当院では実績・経験豊富なドクターが安全性の高い、高度なインプラント治療をご提供致します。

そが駅前歯科医院の使用インプラントについて

Straumannロゴ

Straumann
《世界シェアNo.1インプラント

インプラントメーカーだけでも、国産、海外産だけでも、50社は存在すると言われてます。

そが駅前歯科は、開業する際に、世界No.1シェアを誇るストローマンインプラント社と専属契約を結び、患者さんには、世界レベルのインプラント治療を提供することが可能となりました。

インプラントのメリット

  • 天然の歯と同じ感覚で噛むことが出来ます。
  • 天然の歯と変わらない、またはそれ以上の見た目となります。
  • ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がなくなります。
  • 噛んだときに歯ぐきに天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せません。
  • 発音や発生がもとのように戻ります。
  • 食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられます。

インプラントのデメリット

  • 保険治療が適用できません。
  • 厳密なメンテナンスが必要となります。
  • 歯を抜くのと同程度の処置が必要となります。

インプラント義歯(オーバーデンチャー)

総入れ歯の方でも、インプラント治療は可能です。

インプラント義歯(オーバーデンチャー)という言葉を始めて聞かれた方も多いと思います。
これは、顎の骨に「インプラント」を埋入し、それを土台にして入れ歯を装着するという治療法です。

現在考えられる治療法の中では最も入れ歯をしっかりと固定することができ、咀嚼能率(ものを噛む能力)の回復が最も良く、義歯ががたつくことにより発生する痛みなども大きく軽減させることができるなど、多くのメリットがあります。

  • あらゆる入れ歯治療の中で、最も入れ歯をしっかりと固定することができる。
  • 入れ歯がガタつくことにより、発生する痛みも大きく軽減させることができる。
  • あらゆる入れ歯の中で、咀嚼能力(ものを噛む能力)が最も高い。
  • アゴの骨に直接噛む力が加わるため、アゴの骨が徐々に痩せてしまうのを防ぐことができる。
  • 違和感が少なく、最も自分の歯に近い感覚に回復することができる。
  • 入れ歯が落ちたり外れたりすることがほとんどない。

痛み安全に絶対配慮のインプラント治療

当院では痛みの軽減、安全に関して十分に配慮を行っております。

その上で次のような施術を行っています。

麻酔薬を温めてます

保存した麻酔薬が冷たいと体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じ痛いと感じます。当院では、痛くないように体温に近い37度に麻酔の液を温めてから使用しています。

表面麻酔

局所麻酔を行う際の、針を刺すポイントの粘膜にゼリー状の麻酔薬を塗布し、感覚を鈍化させる方法です。

局所麻酔

~痛くない部分に麻酔をする~
お口のなかは麻酔の痛みを感じやすい部分とそうでない部分があります。
麻酔針の刺入点は痛みの出にくい部分を選ぶことにより、より痛みの少ない麻酔を行うことができます。

麻酔液の入る速度

麻酔の液を一気に入れると圧がかかり、歯肉の中の組織(骨膜)がはがれたりすると押されるような痛みが出ます。
出来るだけ痛くない治療のためには、電動注射器を使用することによりゆっくりとかつ一定の速度で麻酔を入れていきます。

笑気吸入鎮静法

笑気麻酔とは笑気ガスと言われる鎮静効果のあるガスと酸素を吸入するだけの簡単なリラックス法です。
恐怖心や不快感といった精神的ストレスから開放され、局部麻酔などの刺激に対してはあまり痛みを感じなくなるので、痛みに弱い患者さんにも効果的な方法です。

静脈内沈静法

静脈内鎮静法とは、局所麻酔と全身麻酔の中間に当たる処置です。
点滴により、麻酔薬、鎮痛薬などを用い、不安や記憶がほとんどない眠ったような状態にコンロールして治療を行う方法です。
インプラント治療をはじめ、抜歯、通常の歯科治療にも使用可能です。